首のイボの悩み解消するアロマ精油

首のイボが気になる女性は少なくありません。
首のイボは、特に中高年の女性に発生しやすいと考えられています。
イボには、ウイルスによるものや、腫瘍によるものがあるのですが、首のイボは腫瘍であることが多いのです。
30歳を過ぎて首の周りに小さなイボができた場合、それは老化によるイボである可能性が高くなります。
紫外線や衣服による摩擦などによって、肌がダメージを受けると、老化が進んでいきます。
加齢により肌はダメージを受けやすくなっているので、様々な肌トラブルも起こってきます。
ただ、首のイボは老化だけでなく、体質によってできやすい人もいます。
そのため、20代でも首にイボができる人がいるのです。
首のイボの治療には、様々な方法がありますが、実はアロマ精油も効果的です。
アロマ精油は、スキンケアやヘアケアにも使えるので、とても便利です。
イボに効果的だと言われているアロマ精油は、ティーツリーオイルです。
ティーツリーオイルは、数あるアロマ精油の中でも、万能薬と言われている精油です。
フトモモ科の常緑樹であるティーツリーは、古い時代から傷薬として使われていました。
抗菌、殺菌、抗真菌作用があり、ニキビや水虫の治療にも役立ちます。
ティーツリーオイルは、強力な殺菌力があるのに、肌に優しいのです。
ティツリーオイルは、原液をそのまま使うことができます。
綿棒に1滴つけて、患部に塗布すると、イボの改善が期待できます。
刺激が少ない精油ですが、原液を塗布する場合は刺激を感じることもあるので、注意して使うことが大事です。